生活習慣病の中でも動脈硬化というのは、食生活からくることでも有名です。

健康のためにダイエットをしよう
健康のためにダイエットをしよう

動脈硬化に効果的なウォーキングで健康になる

生活習慣病の中でも動脈硬化というのは、食生活からくることでも有名です。特に内臓脂肪がついてくると動脈硬化のリスクが高くなり、少しでも脂肪を減らすことが重要となっています。今では指標としてメタボリックシンドロームの数値がありますが、やはり内臓脂肪というのは、見た目では分からないくらい増えていることがありますので、注意が必要になります。運動をしてダイエットを目指すことで健康体になっていきますが、有酸素運動を積極的に行うことが理想となります。ウォーキングやランニングなどは気軽にできることから、生活の中でも取り入れていくといいです。中高年ではウォーキングを仲間とやったりする人も多くいます。

有酸素運動というのは基本的に長時間できる運動になりますが、持続性の高い運動をしなくてはいけないので、運動強度は低い方がいいです。ウォーキングなどもただ歩けばいいということではなく、歩くためのフォームも大事になります。腕を振る動きをつけることによって、肩こり症なども解消しますし猫背で歩くと余計に肩が凝ってしまうこともあるので、しっかりと背筋を伸ばしたフォームを意識するといいです。そして踵から足をつくように歩幅も考えた方がいいです。

お役立ち情報