胃潰瘍や十二指腸潰瘍などは、いつの間にか進行していることがありますので注意が必要です。

健康のためにダイエットをしよう
健康のためにダイエットをしよう

十二指腸潰瘍の対策と健康生活

胃潰瘍や十二指腸潰瘍などは、いつの間にか進行していることがありますので注意が必要です。こういった潰瘍ができる原因には、胃酸の成分バランスや胃壁の血液循環が悪くなるためで、これには精神的ストレスが深くかかわっているといわれています。症状は個人によって様々ですが、空腹時や食後2〜3時間後などに、刺すように痛むのが特徴になり、最初は我慢していてもだんだんと我慢ができなくなります。また、お腹だけではなく背中が痛むことがあるので、背中をぶつけたかなと思っても十二指腸潰瘍を疑ってみることが早期発見になります。

日常生活ではストレスが強くかかることは避けた方が賢明で、食生活ではバランスのとれた栄養をとることや、刺激物を避けることです。刺激物には、コーヒーやお酒にビール、香辛料などがあり、熱いものや冷たいものを避けることも大事です。そして何よりも健康を考えるならば、規則正しい生活をすることでストレスなども解消されます。しかし、十二指腸潰瘍などは軽いものならば、比較的治りやすい病気なので普段からの生活習慣を気をつけていると大丈夫です。野菜をなかなか取ることができない人では、すりおろした野菜ジュースやトマトジュースなども効果があります。

お役立ち情報